恵那ダンボール

トップへ戻る
月別記事 一覧
お問い合わせ サンプル作成依頼
ホーム > 恵那ダンボール三代目ブログ

桃園の誓い

taoyuen.jpg
桃園の誓いといえば、三国志の某有名シーン。
いや、誰とも義兄弟にはなっておりませんが

tapioka.jpg

→恵那ダンボールTOPへ戻る

日本がむしろ特殊らしいのです

taipei.toil.jpg
本日は台湾のトイレ事情を。
お食事の方はすみません。
アジアを旅行していてトイレットペーパーの処理に悩むことがよくあります。
日本では使用済のトイレットペーパーは当然のように一緒に流してしまうのですが、
中国、韓国、こちら台湾でも、「店によって違う」ことになります。
親切なところはちゃんと書いてあるのですが、書いていない店も多く、困ります。
さて、水に流せる店と、流せない店の違いは何でしょう。
私はてっきりトイレットペーパーの性能差だと思っていました。
しかし、どうも現地の方に聞いた所、「トイレットペーパーの差もあると思うが、、、」「流れる流れないは、地域によって違う」「下水の配管の太さが小さい地区のものは流れない」とのことでした。
「どこでも流せる日本の方がアジアだと特殊だと思いますよ」とも言われました。
ナルホド、日々、配管の太さとトイレットペーパーの性能に感謝しなければいけませんねっ
ちなみに、中国語でトイレットペーパーは手紙。日本でいうところの手紙は信と書きます。

→恵那ダンボールTOPへ戻る

今日は遠い国

taipei.jpg
ダンボールの研修で台湾へ行かせていただきました。
出発の当日、恵那はマイナス8度。セントレアは吹雪です。
セントレアから台北、台北から新幹線で高雄へ
飛行機の都合か、高雄に直接飛ばず、台北から高雄入り。
雪のため飛行機が遅れるなどして随分時間かかりました。
自宅は5時30分出発。ホテルの到着は20時30分(日本時刻だと21時30分)。
うぅん、本来、最も近い国の一つのはずですが、今日は遠い国でした。
→恵那ダンボールTOPへ戻る

400年

kyoto.jpg
友人と共に京都瓢亭さんへ行ってまいりました。
酒を飲まずにはいられなくなる料理の数々。危険です。
→恵那ダンボールTOPへ戻る

えっ、3位じゃだめなんですか?

nana.jpg
東京へ出張に行ってまいりました。
朝は松本へ行っていたため、松本駅から東京へ。料金は新幹線より安いですが、片道3時間。意外に時間かかりました。
仕事帰り、飲食街を歩いていると、巨大な海老を発見。
どうやら海老料理屋さんの看板から外され、移動される最中。
そういえば、巷では、ケイジャン料理という、手づかみで海老や蟹を食べるお店が流行だと聞きます。
テレビで、「日本人ってのは、世界で一番海老好きな民族ですからねー♪」と言っているのを聞いて、「よく聞く台詞だけどホントなのかな?」と思って調べてみました。
1994年には33万5919トンだった日本の海老輸入量。世界一!
2016年には22万8202トン。アメリカ、中国に抜かれ第3位!ダンボールの消費量も3位。う~ん、残念。
日本人の米の消費量は、この20年で半減(118KG→57KG)したらしいですが、海老を食べる量も減っています。
はて、じゃあ、日本人は何を食べているんでしょう?
そもそも高齢化というのもあって、ドンドン、一人当たりの摂取カロリーも減ってきているのですが、
農水省のデータを見てみると、増えているのは、パンと肉、だそうです。
パンと肉、、、調べてみると想像通りというか、何というか、つまらない結果でした。残念。
→恵那ダンボールTOPへ戻る

温かいものは温かいうちに

udon.jpg
何だか最近、外食をした時に、「本来温かいはずの食べ物が温かくない」という経験が続いております。
無性に温かい食べ物が食べたい!という事で、本日のご飯は地元のたからさんに決定。
鳥なんばうどんに大根おろしをトッピング☆
あぁ、温かい。美味しい。。。
チェーン店は早くて安くて手軽ですが、ちゃんと作ってくれる地元のお店を大事にしなきゃいけませんね。
→恵那ダンボールTOPへ戻る

餃子屋と高級フレンチ

<No Photo>
本日も写真撮り忘れです。
昨日、ラーメン屋さんとステーキ屋さんの比較をさせてもらったのですが(当たっているかはともかく)、
有名な書籍で「餃子屋と高級フレンチでは、どちらが儲かるか」という本に同じ内容が書いてあります。
そんな流れからか、本日の昼は、餃子のチェーン店に行くことになりました。
4人全員、日替わりランチをお願いしたのですが、昨日の事を思い出して、何分で提供されるか気にしていました。
が、ほとんど測る間もなく、料理が提供されました。
時間にしておよそ3分位でしょうか。4人で割れば、1人当たり45秒。早いです!
そのオペレーションの素早さに感心していたのですが、、、
出てきた料理は冷たかった~。
飲食店って難しいなぁ、としみじみ感じる今日この頃でした。
→恵那ダンボールTOPへ戻る

余計なお世話の経済学

<No Photo>
新年になり、今週はお客様へ営業マンと共に挨拶廻りをさせていただいております。
そんな折、時間調整の必要が出たので、昼に某ハイウェイオアシスで休憩しました。
久しぶりに来たのですが、最近の肉食ブームに乗ってか、立ち食いのステーキ屋さんがオープンしていました。
お昼の時間帯という事もあり、お店の前は長蛇の列。
ざっと数えて50人は並んでいるでしょうか。メニューを見ると、1人2000円位はするようですが、すごい人気です。
「ちょっと自分も食べてみたいなぁ」などと思いつつも、自分は並ばず。
営業マンと話をしながら珈琲を飲みながら眺める事、10分。
うぅん、なかなか進みません。並んでいる人が気の毒になってきました。
10分で進んだのが5人。ひぇぇ、列の一番最後の人は大変です。
同じハイウェイオアシスにあるラーメン屋も列になっていましたが、20秒で1人のペースでお客をさばいているので、ここまで待つ事はありません。
はて?ちょっと気になったのですが、どちらが儲かるのでしょう。
客単価、ラーメンは650円、ステーキは2000円。客単価は圧倒的にステーキの勝ちです。
原価を勝手に想像すると、ラーメン150円、ステーキは500円というところでしょうか。
とすると、粗利はラーメンの500円に対し、ステーキ1500円。
では1時間当たりのお客の数はどうでしょう。
ラーメンが20秒に1人のペースなので、1時間180人。ステーキが120秒に1人なので1時間30人。
1時間当たりの粗利を計算すると、
ラーメンが500円×180人=90,000円、ステーキが1500円×30人=45,000円。
ラーメンがダブルスコアで圧勝という結果になりました。
全て架空の数字ではありますが。。。
→恵那ダンボールTOPへ戻る

メンバーチェンジ

SINNEN.jpg
営業は明日から本格稼働となりますが、本日はメンテナンスと方針発表会のため、恵那工場、大垣工場、松本工場の皆さんに集まってもらいました。
早速、溜まった仕事に取り掛かる皆さん、お疲れ様です。
また、2018年から、委員会のメンバーを一新。
新しく委員長、副委員長になったリーダーの皆さん、期待してます☆
→恵那ダンボールTOPへ戻る

互礼を交わす

GOREI.jpg
本日は、中部のダンボール産業の互礼会です。
少子化が進む日本にあって、ありがたいことに、増加を続けているダンボール産業ですが、新聞社の産業別天気図によれば、紙業界としては「雨」だそうです。
「ダンボール生産量は、国内総生産や経済の発展に連動している」と言われます。
日本の段ボール生産量は2014年が136億㎡、2015年が137億㎡、2016年が140億㎡とほぼ横ばい傾向ながらも、微増して推移しています。
しかし、世界の段ボールの生産は2014年が2174億㎡、2015年が2250億㎡、2016年が2319億㎡と増加を続けています。
今年も世界と資源の取り合いとなっていくのでしょうか。
→恵那ダンボールTOPへ戻る

1  2  3  4  5  6  7  8  9  10

ぺージの先頭へ